Skip to content

【世界一周】リスボンの魅力(ポルトガル)

 

【世界一周】リスボンの魅力(ポルトガル)

 

いよいよ 世界一周の中間地点
ユーラシア大陸の西の先端 ポルトガルへ到着しました。

ポルトガルといえば

トルコ、ギリシャ、フランス、スペイン と経て
ヨーロッパ調の建物や 街の雰囲気 にかなり慣れてきてしまっているが
やはり1つ1つ違っていて
タイルしきつめられた広場、カラフルな色合いの建物などが
ポルトガルの特徴に見える。

また、ポルトガル リスボンといえば、坂が多い街。
街を散策していても、本当に 坂や階段が多くて
上ったり、下ったりのくり返しで、足腰が鍛えられる。

そしてそんな坂の多い街を象徴する乗り物がトラム
今は、かなり観光のための乗り物という目的になってるが
昔はこのトラムが 市民の足として大活躍していたんだろうな
と想像すると レトロな車体と合わせて とても良い味をだしている

観光スポット一番のお気に入りは

リスボンにも たくさんの見どころスポットはありましたが
私が一番気に入ったのは 「コメルシオ広場」
とっても広い広場を 3方向は建物が囲っていて、
残りの1方向は 海 という設計
すごく開放感がある広場でかつ、建物の装飾やモニュメントも壮大で
リスボンの一番のお気に入りになりました。

特大のキリスト像

街の色んな所から見えるのが 高台に建つ キリスト像
まるで
リオデジャネイロの「コルコバードのキリスト像」。を 連想させる大きさ
リオデジャネイロの中心地から
ゴールデンゲートブリッジそっくりな 橋を渡った
反対側にありますが
私が 開場の朝10時ちょうどに着いて、観光した後の帰りには
団体バスが 何台も来るほど ここも人気の場所。
高台へ続く道の 家の壁には キリスト像を描く 壁画があったり
当然 とっても高台にあるので、対岸からリスボンの中心地を一望できる
展望場所にもなっていました。

他にもたくさん

少し西側に足を延ばせば ベレン地区
ベレン塔、ジェロニモス修道院、発見のモニュメント
などがあったり

サッカー好きな方は、北側に足を延ばしてみると
有名な クリスティアーノ ロナウド選手を輩出した
ポルトガルの名門チーム
今は 日本人 「守田選手」が活躍するスポルティング
の本拠地スタジアムもあります

公式SNS

記事を共有