Skip to content

【世界一周】いよいよユーラシア大陸 最西端へ

 

【世界一周】いよいよユーラシア大陸 最西端へ

 

日本の学校の教科書で、
昔習った 世界地図(日本が真ん中に描かれている地図)の一番左へ。
地球上で一番大きな大陸=ユーラシア大陸の
一番西の先端の岬へ行ってきました。

最西端=ロカ岬 (Cabo da Roca)

ポルトガルの首都、リスボンからは
列車とバスを乗り継いで 西へ進むと1時間+α ほど。

岬に着くと、
「the most western point」と書かれた タイル表示が
最西端をより実感させます。

断崖に建つ岬と聞いていたので
どちらかというと 無骨な岬をイメージしていたものの
実際についてみると、きれいな黄色い花に覆われてたり
かわいい灯台があったりと。
とてもきれいな景色の場所でした。

世界地図を頭に思い浮かべながら
この一面に広がる 大西洋の向こうには 遠く見えないところにアメリカ大陸がある。
そう思ってこのきれいな景色を見ていると
大の旅行好きの1人として、また1つの達成感と
よくここまで辿り着けたな。と とても感動しました。

世界遺産 シントラの街

ロカ岬と合わせて観光したのが
世界遺産「シントラの文化的景観」として登録されている街。
シントラは丘の上に建つ美しい町 だけあり、リスボン以上に高低差の多い街でした。

シントラで有名な名所は「ペーナ宮殿」「ムーアの城跡」丘の頂上にあります。

どちらかというと、「ペーナ宮殿」の方が人気で
観光客でとても混んでいる宮殿ですが、
私の個人的なお勧めは 断然 「ムーアの城跡」です。

ムーアの城跡 (Castelo dos Mouros)

ムーアの城は10世紀頃にシントラの丘の上に建築された城砦でした。
今から およそ1100年も昔に
このとても高い丘の上に この城を築いた当時の人たちはすごい。
「丘の上」と表現されますが
行ってみてビックリ。とっても険しい丘の上なんです。

この城跡に行くには
① 歩く(登山道があります)
② シントラ駅からバス
③ 車や3輪バイクをチャーター
などの方法がありますが
少なくとも 行きは 必ず②か③を選択してください。

帰り(下山時)に試しに 歩くを選択してみましたが
道中の大半を 険しい坂道と階段。たまに岩がゴロゴロの道なき道
などです。
下山時に、頑張って登っている人たちとも大勢すれ違いましたが
Hello という声かけにも応答できないぐらい
みんな どっと疲れながら登ってました。

いずれにせよ、 この景色を見ずに シントラの街を去るのは
絶対に損する。そう断言できるほど 素晴らしい絶景が待ってます!

公式SNS

記事を共有