Skip to content

【社員旅行の定番】熱海温泉へ行こう

【社員旅行の定番】熱海温泉へ行こう

 

古くから温泉地として知られる熱海は、バブル崩壊後観光客が大幅に減少し一時は衰退していたものの、ここ数年でホテルなどが続々とオープン。
2020年上半期人気温泉地ランキングでは別府や草津を抑え、2年連続1位を獲得しました。

 

今回は社員旅行先としても再ブレイク中の熱海を、ホテル情報や周辺観光情報とともにご紹介します。

 

おすすめ観光スポット

1.熱海サンビーチ

photo by Nao Kitano

 

熱海の王道スポット「熱海サンビーチ」
全長400メートルのこのビーチは、夜になると日本初のビーチライトアップで幻想的な景色が楽しめます。
さらに年間を通して花火大会が開催されているので、日程を要チェックです。
また、シュノーケリングが楽しめるスポットもあり、波が穏やかな所でさまざまな魚に遭遇することができます。

 

基本情報

【営業時間】入場自由
海開き期間:例年7月中旬~9月上旬 遊泳可能時間:9:00~17:00 ライトアップ:毎晩日没~22:00(花火打上時間は消灯)

【住所】静岡県熱海市東海岸町
【駐車場】隣接の市営東駐車場利用、250台(30分100円)
【問い合わせ】0557-86-6218(熱海市観光建設部 公園緑地課 維持管理室)
【公式サイト】https://www.ataminews.gr.jp/spot/119/

 

 

MOA美術館

photo by Shun Photo

 

東洋美術品を中心に、国宝など約3,500点を収蔵。
日本美術の代表的名画、江戸時代の画家「尾形光琳」の最高傑作とされる国宝「紅白梅図屏風」も所蔵されており、梅の開花する時期だけ限定公開されています。
日本最大の万華鏡のプロジェクションマッピングもあり、一見の価値ありです。

 

基本情報

【利用料金】1600円
【営業時間】10:00~16:30
【定休日】木曜(祝日の場合は営業)
【住所】静岡県熱海市桃山町26-2
【駐車場】200台
【問い合わせ】0557-84-2511
【公式サイト】http://www.moaart.or.jp/

 

 

熱海梅園

熱海梅園
引用:あたみニュース(https://www.ataminews.gr.jp/spot/105/

 

日本一早咲きといわれている熱海の梅を愛でることができる熱海梅園ですが、実は日本一遅いといわれている紅葉を楽しむこともできるスポットになっています。
11月下旬~12月にかけて、タイミングが良ければ梅と紅葉の共演を見ることができるかもしれません。

 

基本情報

【利用料金】無料(梅まつり期間中のみ有料)
【営業時間】入園自由。中山晋平記念館は10:00~15:30(木曜定休)
【住所】静岡県熱海市梅園町8-11
【駐車場】なし、イベント開催時のみ有料駐車場設置(100台)
【問い合わせ】0557-86-6218 (熱海市観光建設部 公園緑地課 維持管理室)
【公式サイト】https://www.ataminews.gr.jp/spot/105/

 

 

アタミロープウェイ

アタミロープウェイ
photo by S.R.G – msucoo93

 

山麓駅から八幡山の山頂駅まで、3分間の空中散歩は移動しながら眺望を楽しめます。
山頂からは熱海市街や初島をはじめ、天気の良い日は伊豆大島、房総半島まで一望できるのが魅力。
山頂にはあいじょう岬展望台や熱海秘宝館があるほか、熱海城まで徒歩約3分で行くことができます。

 

基本情報

【利用料金】片道400円、往復600円 小型ペットはケージに入れれば乗車可
【営業時間】上り始発9:30、上り最終17:00、下り最終17:30(運転は約10分間隔)
【定休日】なし(悪天候時運休)、メンテナンスによる休業あり
【住所】静岡県熱海市和田浜南町8-15(山麓駅)
【駐車場】山麓にあり9台(無料)
【問い合わせ】0557-81-5800
【公式サイト】http://www.atami-ropeway.jp/

 

 

熱海秘宝館

熱海秘宝館
photo by Kosuke Kajimoto

 

18歳未満は入場できない、大人のヒミツのテーマパークです。

ちょっとレトロで、アダルトな展示がメディアなどを通じて話題となり、熱海観光に欠かせないスポットになりました。

機械じかけの蝋人形、様々なトリックが楽しめる幻想の部屋、現代に蘇る珍説「浦島太郎」や「一寸法師」などを楽しむことができます。

 

基本情報

【利用料金】秘宝館1700円、セット券1800円(秘宝館+ロープウェイ往復)
【営業時間】9:30~17:30(入館は17:00迄)
【定休日】なし
【住所】静岡県熱海市和田浜南町8-15
【駐車場】9台(無料)
【問い合わせ(TEL)】0557-83-5572
【公式サイト】https://www.atami-hihoukan.jp/index.html

 

 

熱海城

熱海城
photo by goldarrow7

 

観光用に造られた天守閣様式の観光施設。

館内には、鎧兜や日本刀、火縄銃など武家文化の資料展示や、江戸体験体験コーナー、浮世絵・春画展(18歳未満は入場不可)、絶景を望みながらのジェット足湯、無料で遊べるゲームコーナーなど、大人から子供まで楽しめます。

 

基本情報

【利用料金】1000円、共通券1700円(熱海城+トリックアート)
【営業時間】9:30~17:00(最終入場16:30)
【定休日】なし
【住所】静岡県熱海市熱海1993
【駐車場】250台(1回500円)
【問い合わせ(TEL)】0557-81-6206
【公式サイト】http://atamijyo.com/

 

 

熱海トリックアート迷宮館

熱海トリックアート迷宮館
photo by Ryoichi Katada

 

熱海城の敷地内にある、平面を立体的に感じられるように描いたトリックアートの体験施設。
鑑賞するだけでなく、実際に触ったりすることも可能。

自分が小人になったような錯覚体験をしながら楽しめるコーナーも。
SNS映えする面白い写真が撮れるので、みんなで盛り上がれること間違いなしです。

 

基本情報

【利用料金】1000円、共通券1700円(熱海城+トリックアート)
【営業時間】9:00~17:00(最終入場16:30)
【定休日】なし
【住所】熱海市熱海1993 熱海城敷地内
【駐車場】250台(1回500円)
【問い合わせ】0557-82-7761
【公式サイト】http://atami-trickart.com/index.html

 

 

初島

初島
photo by Datsu

 

約200人が住む静岡県唯一の有人島で、周囲約4キロの島内には宿泊や食事、日帰り入浴、アスレチックコースなどを備えた初島アイランドリゾートがあります。

港の近くには地元の漁師さんが経営する食堂街が並んでいます。
島ならではのダイビングや釣り体験など、アウトドアアクティビティも楽しめます。

 

基本情報

【交通アクセス】車:「厚木IC」から車で約60分、熱海港・伊東港から初島港までフェリーで30分
【駐車場】船に車搭載不可、熱海港隣接の有料駐車場利用
【問い合わせ】0557-67-1400 ※平日のみ(初島事業協同組合)
【公式サイト】http://www.hatsushima.jp/

 

 

 

おすすめグルメ

海の幸(海鮮丼、干物)

熱海と言えば、海の幸。

熱海港や網代港で水揚げされた、獲れたての鮮魚を使ったお得で美味しい海鮮ランチが人気です。

古くからの名物である干物もおすすめ。

新鮮なアジや金目鯛などを天日干しして作った干物は、旨みが凝縮されていて絶品です。

 

イカメンチ

イカメンチ
photo by masahito kanda

 

熱海市網代地区に伝わるB級ご当地グルメ。

地元の海でとれたアジ・サバなどのすり身に、刻んだイカや野菜・調味料を加えて作った練り製品です。
揚げたり焼いたり煮たりと、食べ方はいろいろ。

 

 

熱海プリン

熱海プリン
引用:熱海プリン(http://atami-purin.com/

 

熱海の街を活性化させたいという想いから生まれた熱海プリン。

牛乳瓶のようなレトロなデザインに、キュートなカバさんのマークが付いたパッケージと、子供から年配者まで幅広い層に親しまれる味が人気を呼び、今や4店舗にまで増えています。

テイクアウト専門店や店内飲食ができる店舗など、特徴もさまざま。

各店舗それぞれに店舗限定メニューがあるので、熱海プリン巡りをするのも楽しそう。

 

 

温泉まんじゅう

温泉といえば温泉まんじゅう。

店頭で蒸したてを提供している店舗もあるので、食べ歩きをしながら味比べなんていかがでしょうか。

 

地ビール

風の谷のビール
引用:ビアフェスタ(http://www.beerfesta.com/beer/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E8%B0%B7%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AB/

酪農王国オラッチェが作っている「風の谷のビール」は、熱処理やフィルター処理をいっさい行っていないため、健康食品としても知られるビール酵母が活きたまま入っています。

4種類ある地ビールの中から、お気に入りの1本を探してみてください。

 

 

おすすめアクティビティ

熱海遊覧船 SANREMO

熱海遊覧船 SANREMO
引用:熱海遊覧船 SANREMO(http://www.s-m-atami.co.jp/sanremo/index.html

 

熱海の姉妹都市でもあるイタリアの港町「サンレモ」が名前の由来となっている遊覧船。
カモメに餌やりができたり、海中展望室で泳ぐ魚を見たりすることができます。

海風に吹かれて熱海のロマンを感じる約30分のクルージングはいかがでしょうか。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、海中展望室はご利用いただけません。(2020年9月現在)

 

基本情報

【利用料金】1300円
【営業時間】10:00~15:40(全9便)
【定休日】毎週火曜日、荒天時・メンテナンス時
【住所】静岡県熱海市渚町2020-36
【駐車場】近隣市営駐車場
【問い合わせ】0557-52-6657
【公式サイト】http://www.s-m-atami.co.jp/sanremo/index.html

 

ゴルフ

静岡県は全国で6番目にゴルフ場が多い地域。
ゴルフ料金がセットになったプランを用意している宿も多いので、ゴルフをお得にプレイしたあとに宴会&温泉といった楽しみ方もできちゃいます。

 

卓球大会

熱海といったら温泉、温泉といったら卓球ですよね!
だれでもそれなりにできる卓球は、メンバー同士の交流を深めるにはもってこいです。

メンバーの普段見られない一面が発見できるかもしれません。
多くの宿が卓球設備を備えていますので、予約前に確認してみてください。

 

釣り

海に近い熱海は人気の釣りスポットでもあります。
手ぶらで行っても一式全部レンタルしてくれる施設も多いし、堤防や釣り堀、船釣りなどいろいろ選べるのでおすすめです。

魚がかかるまでのあいだ、部下の普段言えない悩みなんかも聞けちゃうかも。
釣った魚を調理してくれる飲食店や宿もあるので要チェックです。

 

BBQ

社内イベントの定番といえば、やっぱりバーベキュー。
開放的な空間で新鮮な海の幸とビールを片手に語らえば、親睦が深まること間違いなしです。
手ぶらでも利用できる施設のほか、BBQをしてそのまま泊まれる宿もあるので問い合わせてみてください。

 

おすすめの宿

熱海TENSUI

熱海TENSUI
引用:熱海TENSUI(https://www.atami-tensui.com/

和と洋の優美さを融合したスタイリッシュな空間の中で創作和食会席を楽しめる、新しいスタイルの宿です。

美肌効果のある温泉もありますので、女性の多い社員旅行にはおすすめです。

 

【公式サイト】https://www.atami-tensui.com/

 

 

ホテルニューアカオ

ホテルニューアカオ
引用:ホテルニューアカオ(http://www.i-akao.com/newakao/

250室、800名収容、全室オーシャンビューのホテル。

最大400名前後の団体まで利用可能なので、大所帯の旅行には最適です。

大小さまざまな会議場もあるので、リゾートミーティングにいかがでしょうか。

 

【公式サイト】http://www.i-akao.com/newakao/index.html

 

 

さくらや旅館

さくらや旅館
引用:さくらや旅館(https://atami-sakuraya.com/index.php/topic/home_ja

70年以上の歴史を誇る老舗の純和風旅館。

和の心を感じながらゆったりとした時間を過ごしたいのなら、この旅館がおすすめです。

各部屋の内風呂にも源泉が引かれているのも嬉しいポイントです。

 

【公式サイト】https://atami-sakuraya.com/index.php/topic/home_ja

 

ホテル・サンミ倶楽部

ホテル・サンミ倶楽部
引用:ホテル・サンミ倶楽部(https://www.sunmi.co.jp/

 

10帖+6帖という広いお部屋が自慢のホテル。
飲み放題、カラオケ、コンパニオン、芸妓、クラブなどのオプションが豊富なのも魅力。
ここなら、熱海の夜を思いっきり楽しめます。

 

【公式サイト】https://www.sunmi.co.jp/

 

 

大江戸温泉物語あたみ

大江戸温泉物語あたみ
引用:大江戸温泉物語あたみ(https://atami.ooedoonsen.jp/

 

このホテルの売りはなんと言っても四季折々の和洋中創作バイキング。

バイキングであれば、旅行参加者の食の好みを考える必要がなく、全員を満足させることができます。

マンガコーナー、卓球、ゲームコーナー、キッズコーナーなどがあり、ちょっとした隙間時間も退屈せずに過ごすことができます。

 

【公式サイト】https://atami.ooedoonsen.jp/

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
温泉旅行に定番の熱海。
やっぱり定番となるだけあって、魅力的な観光スポットにグルメに温泉と1回じゃ楽しみきれない程満載です。

社員旅行に嬉しい、大型の温泉宿も多数ありますので団体さんも利用がしやすいですね。